HOMON-DENTAL

人気の訪問歯科|ラビット歯科で治療しよう

最大かつ最良の予防方法

施術後だからこそ一新を

インプラント

北区にあるインプラント専門医でインプラントの施術を受けた場合には、施術後に気を付けるべきことがあります。自分の歯を守ることと共通するという認識を持つと、インプラントをしたからといって特別なことと考える必要はありません。それは、プラークと呼ばれる歯や歯肉に付く細菌を、しっかり除去する歯磨きを実践するのが大事だということです。歯磨きの仕方が適切でないと、歯は歯肉炎をおこし、歯周病へと進行していきますが、これはインプラントを行った歯にも当てはまります。歯そのものは人工なので虫歯になることはありませんが、人工の歯を支える人工歯根は歯茎の中にある骨に埋め込まれていますので、歯茎がやせ衰えてくると土台が弱くなってしまいます。インプラントを行った歯茎に起こる炎症のことをインプラント周囲炎と言いますが、これを予防するには適切なブラッシングがもっとも重要です。北区のインプラント専門医で施術を受けたなら、施術を受けた北区のクリニックで、予防方法についてもしっかりと説明を受けるといいでしょう。インプラント周囲炎の予防にはブラッシングがもっとも重要かつ効果的であることから、施術を行った北区のクリニックではその後のブラッシング指導は必ず行われると考えていいでしょう。問題は歯の磨き方にはかなり個性があり、自己流の歯磨きに慣れていると、正しい方法を教わってもなかなか変えられない人が多いことです。インプラントで新しい歯になったのを機にブラッシングも新しい方法を身に付けることが、インプラント周囲炎にならない一番の近道です。

予防や矯正に幅広く対応

模型

歯科クリニックの治療は、幾つかの種類に分かれており、施設によっても手掛ける内容は多種多様です。これまで主流だった虫歯治療に加えて、現在は予防を目的とする治療を多くの歯科クリニックが手掛けます。鎌倉のクリニックは、実際、この予防的な治療を1つの診療の柱としており、虫歯になる前の段階からサポートを行います。虫歯の1つの原因となるのが、歯茎のトラブルです。鎌倉の歯科クリニックでも、このようなトラブルの解消には特に力を入れており、早い段階で手を打つことが出来ます。人工的な歯を入れるインプラントや歯並びの矯正にも対応していますので、鎌倉のクリニックは様々な目的で受診が出来る歯科です。インプラントは、入れ歯の負担をなくす歯科治療の手法です。この手法では、歯茎に器具を埋め込み、より安定感のある歯を作り上げていきます。鎌倉のクリニックは、画像設備などを効果的に用いることで、負担の少ない治療を提供します。一方、矯正は、歯並びに悩みを抱える方が利用する歯科治療です。凸凹のある歯や顎の問題なども、矯正の治療を受けることで改善が見込めます。ワイヤーで固定するなどの方法は、矯正のオーソドックスなアプローチです。現在のニーズを踏まえて、鎌倉の歯科クリニックでは審美的な治療もスタートしています。色々な素材を使用して歯の表面を白くする手法などは、審美的な治療の代表です。このような一連の治療は、複数の方法を組わせて行う場合も多々あります。

早目の決断

矯正

前歯の矯正を行う人が、とても増えています。いつまでも綺麗な歯でいたいと考えることは、誰でも同じでしょう。しかし、歯並びは遺伝的な要因がとても大きく、自分の親などが歯並びが悪い場合は、子供も同じように歯並びが悪くなってしまう傾向にあります。そういったときには、前歯の矯正を行うことが良いでしょう。前歯の矯正が選ばれている理由として、一番身近で手軽な方法であることがあげられます。日本ではまだまだ定着していませんが、アメリカなどでは前歯の並びが悪い場合は、矯正を行うことが一般的です。多くの人が利用しやすいというメリットや、大掛かりな施術を施すよりも安価に歯並びを整えることができるということもあり選ばれています。また、前歯の矯正を行うことは、見た目だけの改善が目的ではありません。歯の噛み合わせが悪い場合は、体全体に悪影響を及ぼすことも分かっています。とくに運動を行う人は、歯の噛み合わせが悪いことで、体の力が入り辛いなどのデメリットが生じます。また、噛み合わせが悪いことで、虫歯になりやすいということもあります。細かく食べ物を噛み砕くことができなくなり、食べ物のが歯に挟まりやすくなってしまうのです。前歯の矯正を行うには、できるだけ早い時期に行うべきです。歯並びが完全に整ってしまうことで、矯正ができなくなってしまいますので、歯茎がまだ柔らかい、修正が可能な年齢時に行うべきでしょう。長期的な改善が必要になりますが、整えておくことで将来大きな差がつくでしょう。