HOMON-DENTAL

人気の訪問歯科|ラビット歯科で治療しよう

クリニック選びが最重要

口コミ情報を徹底チェック

矯正

北九州で矯正治療を受けたいと考え始めたら、まず矯正歯科を探すことから始める方も少なくないでしょう。一般的には、「治療をしてくれるクリニックを探す」ということは、治療に取り組むための第一歩にすぎません。しかし矯正治療の場合には、この段階で治療方針や内容が決定されてしまうこともあるので、注意しなければいけません。矯正歯科は数多くあり、北九州地域でも、毎年多くの人が矯正歯科を受診しています。多くの人にとって、矯正治療とは人生に一度きりの治療です。しかし一方で、矯正歯科で治療を受けたのに、仕上がりに満足できずに別の矯正歯科へと転院する人も少なくありません。北九州だけに限らず、矯正治療を検討する際には、慎重に受診する矯正歯科を選択するべきだと言えるでしょう。大切なのは、患者さんの声にしっかりと耳を傾けてくれる医師であるかどうかです。矯正を行うための治療法も様々ですが、それぞれにメリットもあればデメリットもあります。また治療後に再度歯が動いてしまうリスクも無視できません。こうした現実をあらかじめしっかりと伝えてもらうことで、納得して治療に取り組むことができるようになります。また、治療内容に対して不安を感じるようなこともないでしょう。北九州で矯正歯科を探すときには、周囲の評判にぜひ耳を傾けてみてください。生の声を集めるのが難しい場合には、ネットでの口コミでも構いません。きちんとコミュニケーションをとってくれるクリニックを探すと安心です。

治療後も重要です

歯科矯正

歯列矯正を行う際に、気になるポイントの一つと言えば「せっかく治療をしたのに、すぐに歯並びが戻る」という意見です。多額の費用をかけて治療を頑張ったのに、すぐに歯列が戻るような状況は、決して好ましくありません。しかしこうした問題は、自身の努力と歯科でのメンテナンスやサポートで防ぐことができます。歯列矯正が戻ることを防ぐためにするべきことを、紹介します。人間の歯は、しっかりと顎にくっついているように感じますが、生きている間、ずっと少しずつ動いているものです。だからこそ、大人になってからでも歯列矯正は可能となります。特に歯列矯正をした直後の歯は、まだまだ安定しない状態で、動きやすくなっています。歯の動きには普段の習慣や噛み癖が大きく関わっていますから、注意していないと「歯列がもとに戻る」ということにもなりかねません。この問題を防ぐために使われるのが、リテーナーです。リテーナーはきれいになった歯列を、そのままキープするために使う装置です。可動式のものと固定式のものがありますが、前者はついさぼりがちになり、後者はメンテナンスがしづらいというデメリットがあります。どちらを積極的に使うかは、担当の医師の考えによって異なります。とには両者を組み合わせて、自分に合う固定方法を検討すると良いでしょう。リテーナーを使う期間には個人差がありますが、1年から3年程度となることが多いようです。この期間は自分でもしっかりと意識して、歯列が戻ることを防がなければいけません。

選ばれているから選ぶ

歯

昨今、歯の治療方法としてインプラントが選ばれている理由には、大きく分けると二つの要因があると考えられます。歯を失った場合、ブリッジや入れ歯など、両隣、または片方の歯に負担をかけて失った部分に歯を補う方法が主な治療方法であり、今も保険診療における入れ歯などでは一般的な方法です。この方法ですと、保険診療であれば治療費が安くなるというメリットはありますが、どうしても負担をかける部分の歯が弱くなるというデメリットを生み出します。そのため、昨今は失った歯だけを再生させ、残った歯に負担をかけないインプラント治療が選ばれる傾向が強くなってきました。墨田区では一般歯科を手掛ける歯科医の方が多いことから、インプラント治療を望む場合、技術的にしっかりしたものを持っている専門のクリニックを選ぶことが求められます。ただ、複数の歯をインプラントで治療するのではなく一本だけというのであれば、墨田区で一般歯科を専門に行っている歯科医院でも可能ということがあります。かかりつけ医として長く通院し、歯科医師の腕に信頼を置いているのであれば、インプラントが可能かどうかを聞いてみるのもいいでしょう。そうすれば、墨田区で長くかかっている歯科医師に任せることができ、インプラント専門医を墨田区で探す手間が省けることにもなります。ただ、歯科医療の中でも専門技術が必要とされるだけに、墨田区でインプラントならここと選ばれているクリニックがあるなら、やはりインプラント治療におけるエキスパートという理由があると考え、選択肢として考えるのがおすすめです。